〜MEDERUの割烹着とエプロンの素材はリネンとコットンが中心です〜

コットン、リネン生地は本当に素朴。
洗いざらしで少々のしわがあっても、だらしない感がなく、おしゃれにさえ映ります。

今や、手芸店やネットショップで沢山売られているコットンとリネン生地ですが、私はその日、その時の感覚で、心に迫る色、印象に残る色を選んでいます。
例えば、ある秋は、紫の粋で高貴な雰囲気に意識が向き、紫を取り入れることが多くありました。
これを書いている今は、眩しい躍動感を感じる黄みがかった色、山吹色や黄緑色に目が止まります。

それから、お客様からのリクエストの色。
お客様の好きな色やラッキーカラー、プレゼントされる方のイメージカラーのお話をお聞きしての生地を探しをします。
洋服ではなくて、割烹着やエプロンになった時にどう見えるかも要です。
生地屋さんでは、当然のことながら、しわなく綺麗な状態で生地が販売されています。

私は、これが洗濯したらどうなるかな?と予測して、この生地ならば洗いざらしを着てちょっとそこまで出かけられそう!と思うかにも心を巡らせます。
実は、素敵だなと感じた生地で仕立てた割烹着やエプロンが、洗濯したら自分の理想と全く違うイメージになってしまった・・・という失敗を私自身たくさんしてきました。
ですので、生地を選ぶときはいつも、洗いざらしや着用時のしわが、これならかっこいい!と思うものを選んでいます。


〜仕事着として、生活着として、機能的〜

ポケットは、手がすっぽりと入る大きめに、手がすっと入れやすい位置に。
アクティブにスムーズに動けるように、長めの裾にはスリットを。
スリットは、縦のラインを強調し、足長に見せてくれる効果もあります。


〜ちょっと気になるをなくします〜

座った時、エプロンの紐の長さ調節用の背中のボタンが当たるのがちょっと気になる方は意外と多いです。
MEDERUの割烹着とエプロンは、ボタンやその他の固い資材は必要な時以外は使いません。
布がたくさん重なるところはできるだけ薄く、平らになるように。
そうすることで、洗った時も早く乾きます。


毎日の家事や仕事が気持ちよく出来るような工夫を、1枚の割烹着、エプロンに込め、水通しから縫製まで、一つ一つ丁寧にお仕立てしています。

 





 

商品カテゴリ

グループから探す

 

MEDERUショップ

埼玉県朝霞市にある、割烹着とエプロンのネットショップMEDERU(めでる)

普段の生活に寄り添い、ながく愛でていただけるようなものづくりを念頭に、お台所まわりのグッズやウエアを制作、販売しています。